業務研修の難しさ

  • 0

業務研修の難しさ

『”知識”を今すぐ使える”スキル”に変える』エルナビゲーション代表の半沢富士子です。

社内インストラクターで研修をする場合、新人のための業務研修をすることが多いと思います。

しかし、研修期間中に離脱してしまったり、デビューしても知識の定着が芳しくなく、ミスやクレームに繋がっているケースはありませんか?

ありがちなのは、業務で使用する専門用語が多すぎて、インストラクターの説明を、新人が理解できないまま先に進み、消化不良になるケースです。

長くその業務に携わっている人にとって、当たり前のことが、新人には全く通じないのです。そのことを教える側が認識していないと、「なんでこんな簡単なことがわからないのだろう?採用に問題があったのでは?」と短絡的に考えてしまうこともあるでしょう。

教える側は、教わる側の「わからない」ところがわからない。

教わる側は、自分の「わからない」ところがわからない。

そんな悪循環にはまってしまう場合があります。

研修コンサルティングでは、外部で御社の業務を知らないからこそ、新人の「わからない」ところがどこなのか、わかるものです。

 

新人の採用、育成には時間と費用がつきものです。しかし、それを無駄にしないためにも、効率的に外部の視点を使ってみることも一つの手段でしょう。

 

 

《サービスのお問合せはこちらから》

会社名(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

問合せサービス名(必須)

メッセージ本文


  • 0

社内で指導ができない理由

『”知識”を今すぐ使える”スキル”に変える』エルナビゲーション代表の半沢富士子です。

社員やスタッフを育成したいからこそ、研修をしようと考えるものです。

しかし社内で問題意識はあるものの、どうしたらいいのかがわからず、とりあえず研修をしよう!というご担当者の方も、少なくない様子。

また、電話を取るスタッフがベテラン過ぎて、若いSVが指導できない(しにくい)ということも多いでしょう。

そんなときは外部講師を使ってみるのも手です。

社内の人間関係では近すぎて言いにくいことや、指示にしたがいにくい関係性があったとしても、外部講師を通して指導をすることで、指導をされる側も「先生が言うならやってみよう」という気持ちになりやすいものです。

社内では近視眼的になって見えにくい問題の原因も、客観的な視点をもった外部からは見えやすいのです。

そんな問題の原因についても、ご担当者、そして現場で働くみなさんにわかりやすく、納得しやすいかたちでご説明いたします。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

 

《サービスのお問合せはこちらから》

会社名(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

問合せサービス名(必須)

メッセージ本文