研修の効果はどこに出る?

  • 0

研修の効果はどこに出る?

『”知識”を今すぐ使える”スキル”に変える』エルナビゲーション代表の半沢富士子です。

研修の効果があったかどうか?管理側としては、ある程度の時間と費用をかけていますので、一番気になるところではないでしょうか。

研修の効果は、まずは研修対象となった方々の仕事ぶりに、会社として望ましい変化があったのか?というところで、まずは判断できるでしょう。

先日、あるコールセンターのコミュニケーターさん向けに、CS(お客様満足)についての研修をしました。ここで一般論としての顧客満足について教えようとしても、あまり効果はありません。特に会社に対して不満のある場合ですと、「顧客満足の前に、社員満足だろ!」とか、「サービスが悪いからどうしようもないじゃないか!」など、反論が出る場合があります。そのため弊社ではそのような進め方はしません。

まずは、そのセンターでお客様からよく言われることや、コミュニケーターさんたちが体感している具体例や数字をみんなで共有します。そしてお客様の気持ちで、特定の事象を体験していただきます。その上で、企業としてサービスを変えることは難しいけれども、「コミュニケーターとして、みなさんができることは何か?」について、意見を出していただきます。そうすると、コミュニケーターは自ら納得し、答えを出していきます。

今回は最後に、目標設定と研修後すぐに取り組むことを考えていただきました。目標設定を記入したシートを回収して、その内容を確認すると、それぞれ素晴らしい目標を書いています。

しかしそれで満足してはいけません。「研修後すぐに実施すること」を実際に業務で取り組んでいるかどうか、を確認する必要があります。

先日の研修では、たまたま午前中に受講したベテランのコミュニケーターさんが受電対応をしていました。本人は私が後ろにいることは気付いていません。

しかし、いつもよりも声のトーンは高めで、さらに柔らかく、優しい印象の声でした。そして、隣の席のコミュニケーターさんと「今日はお互い、声がワントーン高いわね」と笑顔で会話していたのです。

私はそのコミュニケーターさんに「いつもよりも、声が柔らかくて優しい感じになっていますね」と声をかけたところ、「半沢さんのおかげです。研修、とても勉強になりました。ありがとうございます。改めて考えてみるって、いいですね」と、お礼の言葉をいただきました。

正直、嬉しくて涙が出そうになりました!研修直後に学んだことを実践し、本人たちも実感があるということは、私としても本当に有難いことです。

研修直後で具体的に良い変化があるということは、コミュニケーターさん自身のやる気スイッチが入っているということであり、研修自体がわかりやすく、実践しやすい具体的な内容があったということです。

結果の出る研修は、研修直後の仕事ぶりに変化が現れるものです。

 

《サービスのお問合せはこちらから》

会社名(必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

問合せサービス名(必須)

メッセージ本文